玉串奉奠の作法

 今回は神道の作法について紹介していきます。
仏式では焼香ですが、神道では玉串(たまぐし)をご霊前に捧げます。
玉串とは、紙垂という白い飾り紙がついた榊の事を言います。
こちらでは一般的な玉串奉奠の仕方をお伝えします。

『神道 玉串奉奠』
 1.玉串を受け取り、右手は根本部分を持ち、左手で葉の付いた方を下から添えるように持つ
    2.玉串案(玉串を置く台)へ進み、根本部分を祭壇に向けるように玉串を回して向きを変える
 3.両手で玉串を置く
 4.その場で二礼二拍手一礼をする
  
※神社参りと違うので、ここでは二拍手の時は音を鳴らさないよう注意する
 5.2,3本後ろに下がって、一礼をする

 以上が、神道の玉串奉奠の作法ですので参考にされてください。
神道でも、神社や地域によって作法が異なる場合もございますので、その場の指示に従ってされてください。

玉串奉奠のイラスト